SIMフリーのスマホやガジェット、格安SIM、Wordpressの情報などなど。

Apple Watch その他

やっと解った!Apple Watch Series 2単体(とiPhone6S)でのSuica利用方法。

2017/03/27

Apple Watch Series 2をSuica利用目的で買いました。iPhoneの方はiPhone 6Sのままです。分割残ってますし・・・。
つまり非iPhone7とApple Watch Series 2で腕だけで「ピッ!」ってやる方法が・・・やっと解りました!

Apple Watch Series 2単体とiPhone6SでのSuicaの利用方法

世間的にはiPhone7でのSuica利用ばかりで全然Apple Watch Series 2単体での利用方法がわからずじまいでした。
試行錯誤しながらやっとそれらしき状態になったのでその方法を紹介します。

Apple Watch Series 2単体のSuica利用方法

前提、実はBiccamera Suica Viewカードという、本来これにSuica入ってんじゃん、というカードを持っています。けどあんまり関係なかったです。
とりあえずApple PayがVISA非対応なので、Apple Payに登録できるクレジットカードはご用意ください。

iOS10.1にアップデート

まずはこれから。iOS10だとSuicaがそもそも非対応です。なのでアップデートしてください。
今すぐやりたいけど出先、という人は、iPhone契約キャリアの無料Wifiか、コンビニやファミレスの無線WiFiを使ったほうがいいですね。
そのアップデートが終わっても次がWatchOSのアプデがあります。

WatchOS3.1のアップデート

suica03_watchosupdate
これが・・・意外に出先だと大きな障壁になると思います。なぜなら、まずWatchOS3.1のダウンロードがWifiでないと始まらない。
これは上に書いたキャリアWiFiスポットやコンビニ・ファミレスの無料WiFiでなんとかなります。
ところが・・・Apple WatchのWatchOSアップデートは、Apple Watchの充電器がないとできなかったはず・・・。
結構そういう人が多そう・・・。


これが不便だなぁ・・・。WatchOS3.1でないとSuicaはおろかApple Payの設定すら出来ないのでそういう人はお家に帰ってから・・・。

iPhone側でWalletアプリからクレジットカードの登録

suica04_applepay
iPhone側でWalletアプリを起動してApple Payを登録します。カメラを使ってカードの表面からカード番号や名義、有効期限などを読み取るのでここは楽ちんです。
プラチナカードとかは文字が読み取りにくくて失敗する率が高いらしいww
失敗しても読み取れなかったところを自分で入力するだけなので大丈夫です。
ただVISAブランドは駄目なようです・・・。

登録したカードをWalletアプリでApple Watchに転送

ここからが分かりづらかった所。Walletのカード登録をApple Watch Series 2に転送します。「WalletとApple Pay」からできます。
そして僕のBiccamera Suica Viewカードは・・・何故かQuickPayで登録されました。
suica02_watchcard
なんでやねん。

ちなみにこういう決済用カードを使う時はApple Watchのサイドボタン(竜頭じゃないほう)をダブルタップするとこういう決済待ち画面になるそうです。
Suicaで改札を通る時はこんな面倒くさいことをしなくても大丈夫です。「エクスプレスカード」というのがそれにあたるそう。

けど肝心のSuicaがどこにも・・・と思ったら、アプリダウンロードですって。やっぱりそうなのか。

AppStoreから「Suica」をダウンロード

今日リリースされたアプリのようです。検索しても朝は出てこなかったんだけどな・・・。
検索しても「Suicaチャージ」とかが上位なので分かりづらいですが、こちらのアプリです。

アプリを起動してSuicaを発行する

アプリを立ち上げて「新規発行」をタップするか、右上にある「丸に+」のボタンをタップするとSuica発行になります。
とりあえず一番上のSuica(無記名)で新しく発行しました。既に手持ちのプラスチックカードのSuicaがある場合は下の「Suicaカードの取り込み」でもいいのかも。
けどチャージした金額は移動しないんじゃないかなぁ・・・?やってないのでわかりません。

そして追加をしていくと・・・・
suica05_registered
こんな感じ。こうなればあとはまたSuicaをApple Watchに転送するとこれで「左手(または右手)単体でピッ!」という状況になります。

suica01
こんなのが出ればOKです。

Suica Viewカードはただの支払い方法に

結局終わってみるとApple Payに登録したBiccamera Suica Viewカード(View Suicaカード?)は新規発行した無記名Suicaをチャージするためだけの決済方法なんですね。
だからこのカードでなくても、VISA以外の登録可能カードなら行けるはず。
記名式を登録すると多分オートチャージとかできそうな感じでしたが、一旦1,000円だけチャージしたSuicaでいってみます。

いやー、これは・・・わからんて。なかなか。

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

関連記事

-Apple Watch, その他
-, , , , , , , , ,