SIMフリーのスマホやガジェット、格安SIM、Wordpressの情報などなど。

その他 海外通販

米国Amazon.comで日本発送可能か確認する方法。簡単並行輸入!

2016/10/06

買うものを上手に選べば、安く簡単に並行輸入が可能な米国Amazon.comですが、どの商品が日本に発送可能なのかを確認するのがちょっと分かりづらい・・・。そういう方のために僕がやってる確認方法を説明します。

米国Amazon.comで日本発送可能か確認する方法。簡単並行輸入!

まずはAmazon.comに登録してください。日本のアカウントがあれば簡単だったと思います。
日本のAmazonと同じメールアドレスでも登録可能です。

今回チェックしてみるのはこれにします。Helinox Chair Oneを安く買えたので調子に乗ってAliteのモナーク・チェア。

一応日本のアマゾンも並べますが、1ドル=100円で計算すると(実際はもうちょっとレートは渋め)全然価格が違うと思います。

簡単!米国Amazon.comで日本発送可能か確認する方法

では実際にやってみます。
こちらがお目当てのモナークチェア。このときは53ドル(!)。6,000円しないんですね。
checkcom01
下の方を見ると「Only 1 left in stock.」、在庫は1つだけ、という表示。その下に「This item does not ship to ****, Japan.」とありますね。これは登録している住所、日本には発送不可能、という表示。

他のセラーを探す

諦めるのはまだ早いです。日本のアマゾンと同様で最初に表示されるのは最短納期で最安値のセラー(業者)。なので他の業者なら日本発送してくれるかも・・・?
下にスクロールすると「NEW(3) FROM $53.48」とありますね。これは新品を販売してる業者が3つある、という表示。ここをクリックします。
checkcom02

セラー一覧で価格を確認

最初に表示されていたのは最安値だった「ALL OUTDOOR」というセラーでした(送料に転嫁してますけどね)が、上に「Outland USA」というセラーがちょっと高値で表示されています。その下の97% positiveはセラーに対する評価。まぁ心配ないでしょう。
checkcom03
米国Amazon.comの有料発送、Global Expediated ShippingやGlobal Priority Shippingが使えればここで「何時間以内にオーダーすれば・・・」と出るのですが、出ていないのでもうちょっと先に進んで確認しましょう。「ADD TO CART」でカートに入れます。

カートの確認

ここでも何の表示も出ないですが、諦めずに次へ。「PROCEED TO CHECKOUT」をクリック。
checkcom04

住所の確認

発送先住所、Shipping Addressの確認になります。予め登録した住所で「SHIP TO THIS ADDRESS」を選択。
checkcom05

配送方法の選択

ここで日本発送がダメなら赤い表示でアラートが出ます。この表示のようになった場合は発送可能。選択がStandard Shipping、通常配送しかない、という事です。
checkcom06
この場合は10/4〜19の到着。キャプチャを取ったのは9/16朝なので、結構待ちますね。

これでダメだった場合は戻ってカートから商品を削除(DELETE)して、また別のセラーを選択して試す、という繰り返しになります。
また業者や商品によって配送料は変わるので注意です。商品によっては税金(Tax deposit)が先に徴収される場合もあります。
それらの合計を見て(日本円でも表示されます)到着期間と見比べながら買うか買わないかを決めればOK。

送料があるので「半額以下!!」などになるのは稀ですが、最低2割は安く買える事が多いです。
日本の代理店が流通で結構乗っけてる場合はもっとお得になる可能性もあります。

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

関連記事

-その他, 海外通販
-, , , ,