JTの「無煙タバコ」スヌース(SNUS)を試してみた。嗅ぎタバコですけど。

シェアする

JTが出している無煙タバコ、というか嗅ぎタバコのスヌース(SNUS)を試してみました。

スポンサーリンク
レクタングル300×250

JTの「無煙タバコ」スヌース(SNUS)を試してみた。嗅ぎタバコだそうで。

健康促進ということで喫煙が悪癖となり、通常の紙巻きタバコからみんなアイコスなどの加熱式タバコに変えてきてますねー。かくいう僕も変えた口なんですが、それでも対処できない事態が将来的に見えてきました。それがこちら。

タイの6空港が完全禁煙に。サクララウンジも喫煙スペース閉鎖
喫煙に基本おおらかな感じのある東南アジアですが、タイだけはかなり喫煙者に厳しいようです。

タイの6空港が完全禁煙、という話なんですが、先々ドンムアン空港でトランジットする予定があるんですよね・・・。これはキツイ・・・。そもそもタイはアイコスなどの加熱式タバコは持込禁止。違反者には高額の罰金または懲役刑が待っています。

以前は国際線ターミナルには喫煙所があったのですが、今回の完全禁煙措置でまず無理だろうと思います。外にでると行けるっぽいのですが、国際線トランジットだと外に出るのも一苦労、サクララウンジも喫煙所閉鎖、ということでかなり厳し目のようです。

ということでトランジットの間だけでも凌げるようなモノを探していたのですが・・・意外にその辺のコンビニでありました。

棚の右側下にある丸い缶みたいなのがJTが出している「無煙タバコ」のスヌース。口に含むタイプのタバコらしいのですが、こんな所で普通に売ってるとは思いませんでした。多分元がたばこ屋さんなんでしょうね、このコンビニ。

JTのサイトって、タバコそのものを画像表示するのが多分アウトみたいですね。これだけいろいろパッケージングしているんですがサイトにはほとんどその画像がないので。いろいろ大変だなぁ・・・JT。

早速スヌース(SNUS)を試してみた。

さて、実際に買ってきたのはこのクールミントというタイプのスヌース。確かにSMOKELESS TABACCOと書いてますね。これ、金属缶みたいに見えますがプラスチックです。

パッケージの裏側はこんな感じです。賞味期限は・・・だいたい半年くらいみたいですね。そういえばあるんですよ、タバコも賞味期限。忘れてましたが。使い方としては、煙草の葉が入った小さな小袋=ポーションを口に入れて歯茎とほおの間に挟んで、そのままじわーっとエキス?が染み出してくるのを待つ、という使い方のようです。

このパッケージ、なぜか裏側がパカっと開くようになってるんですよね。そのうち理由がわかるのかな・・・?こんな面倒な加工してるので無意味、ってことはないはず。けどわかりませんでした。

謎の「MADE IN SWEDEN」。スウェーデンでは嗅ぎタバコが多いのかな・・・?

調べてみたら、スヌースは元々スウェーデンのたばこ会社「Swedish Match」の製品のようです。結構売れてるそうで。

Swedish Match - Snus and moist snuff
Swedish Match has a leading position for snus in Scandinavia. In the US, Swedish Match is well positioned as the third largest snus and moist snuff company.

向こうのは完全に金属缶のパッケージングですね。

日本のJTスヌースのパッケージの開け方は外周に貼られている封をしているテープの点線に沿って爪をたてて切る、という方法のようです。結局蓋がパカっと開くようなパッケージなのでこうやって開けるみたい。中を見るとこんな風に小さい袋が20個入っています。

1つの小袋、ポーションでしたっけ、のサイズはこれくらい。なので歯茎に簡単に挟める感じです。

JTのスヌース(SNUS)の使用感

さて、実際の使用感です。これが実際にドンムアン空港のトランジットの時間や、場合によってはフライトの途中で役に立ちそうか?という点で試すために、そろそろタバコで一服かなーと思ったタイミングで試してみました。

ポーションを口に入れた直後

ポーションを口に入れてみた感じですが、最初はモソッとした袋を含んだ感じがします。そしてそのうちフレイバーのミントのピリピリ感が歯茎に来ます。それが思った以上にヒリっときたのでポーションを挟む場所を変えてみたりしながら慣れていく感じ。

2分位経過後

スヌースの食感?を誰かが「都こんぶ」って言ってた記憶があるのですが、その意味がちょっとわかるようなダシみたいなエキスが口の中に広がる感じです。

ニコチンが入ってるせいかピリピリした刺激感があります。そう、ピリピリする都こんぶのダシをなめてる感じ・・・?口を開けるとミントの爽快感で口腔内がちょっとヒヤッとなったりで、ちょっとよくわからない感じが続きます。

エキスが広がってくると喉の奥がちょっとヒリつく感じがしてきます。これ結構喉乾くかもしれないなぁ・・・。そして何も飲んだりできないことに気づきました。飲めるかもですけど。

ニコチンは唾液を通じて胃壁から浸透するそうなので、タバコの煙に比べてやはり時間はかかります。けどタバコ吸いたい感じはすでになくなりました。

10分後

ガムとかだともう味がなくなる頃ですが、意外ながらスヌースのポーションからはまだ味が出ている感じが続いていました。

15〜20分後

ちょっと飽きてきたので、とりあえず一旦口から出しました。けど説明書的には使用時間でいうとこれくらいのよう。

都こんぶ的な味は口の中にずっと残る感じ。ニコチン欲求みたいなのはしっかり下がっていたのでとりあえず役目は果たしているんでしょう。

スヌースは使えるかも

とりあえずお試しだったのでまだ実用として使ってないですが、長時間吸えない時にはそれなりに役に立ちそうな感じはしました。パッケージにもある通りタバコの肺がんの代わりに口腔がん等のリスクあり、ということですが、試した後の歯茎を見ても特に変色等はなし。

ただこれを連続で服用していると辛くなってきそうな感じもしないでもないです。が、とりあえず旅行のお供には使えそうな気がしました。たまたまコンビニで売っていたので調達は楽そうですが、Amazonでも当然売ってないので、一般的には入手はそれなりに手間がかかりそうな気はします。

実際のフライトにはこれとニコチンガム(ニコレットとか)を併用しようと思っています。

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

スポンサーリンク
レクタングル300×250