SIMフリーのスマホやガジェット、格安SIM、Wordpressの情報などなど。

Wordpress

php-fpmのメモリリーク?奮闘記<解決編>

長々と苦しめられてきたphp-fpmのメモリリーク疑惑。未だ原因はわからないんですが、なんとか丸1日サーバを落ち着かせることに成功したのでシェアします。

原因不明のphp-fpmのフルスロットル化+mysqlレスポンス低下

これまでの奮闘記はこちら。

php-fpmがメモリリークしてる?結局設定が落ち着かない件。

結論から言えば、このphp-fpmのスロットが全部埋まってmysqlのレスポンスが低下して・・という根本的な原因は分からないまま。
けれどサーバの挙動を都度都度ウォッチした結果、以下のようなフローでサーバレスポンスが低下することは確定です。

php-fpmのプロセス数が上限値まで一気に上がる

mysqlのクエリー応答時間が低下

サーバのLoad Timeも上がる

アクセスが溜まるのでさらに悪化(ふりだしへ戻る)

最初はmysql(mariadb)側だと思ってたんですがね・・・。プロセスが10本以上上がってるのにメモリ専有がそれぞれ10%とかなので「これに違いない!」と思っていたのですが・・・
因果関係で見るとphp-fpm側が先にいっぱいいっぱいになっているようです。

muninが入っているので以下でいま時点の情報が見れます。

munin-run phpfpm_status

で、結果は今だとこうなります。
idle.value 13
active.value 2
total.value 15

これが挙動がおかしい時は・・・
idle.value 1
active.value 14
total.value 15

とか、さらにおかしければ
idle.value 0
active.value 2
total.value 2

とかになってる。static(プロセス数固定)でやってても上限が勝手に変わってたり。で、結論この文字列を取り込んでactive.value / total.value > 0.8とかになったらsystemctrl restart php-fpm.serviceするようにしています。
それをcronで5分ごとに動かせばOK。

muninグラフはこう変わりました

muninのグラフはこんな風に変わりました。

php-fpm

問題児のphp-fpm。たまに上限(オレンジ)が下がっていますが、多分cronで再起動したのとmuninのチェックがかぶったからかな?と思っています。
とりあえず安定。

mysql

mysqlはこちらです。こちらも荒ぶることなく動いてますね。

月表示にするとこんな感じ。何度も一時的に遅くなりながら、徐々にその時間が長くなっていってるのがわかります。

このままだとどうなったことやら・・・。

Load Average

サーバ負荷のLoad averageのグラフ。こちらも問題なく。

ずーっと0.3くらいで動いています。

結局安定稼働させるためのパッチを自分で走らせる、というパッチ的なアプローチでしたが、とりあえずこれで収まったので一件落着、としましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

-Wordpress
-, , , ,