Googleに読み込まれたAMPページは後でも更新可能。それよりもエラーチェックを入念に。

シェアする

GoogleのAMPで検索結果表示されるようになると、ampに結構なトラフィックが来るようになります。
このAMP、あとで「記事更新したい」「レイアウト変えたい」と思った時に更新できるんでしょうか・・・?

スポンサーリンク

Googleに読み込まれたAMPページは更新可能

GoogleにAMPページが読み込まれて検索結果に表示されるとこんな風に出ます。これは「ハロウィン」の検索結果。
ampresult
Chromeのモバイルシュミレーターで表示させてキャプチャしました。

基本このAMPのカルーセル?みたいなのが出るのは検索数が多いキーワードになるので、ここに出るとそこそこGoogleにキャッシュされたページにはアクセスがあります。
まずそこを確認するためにカスタマイズは必須ですね。

WordPressプラグイン「AMP」のカスタマイズが超簡単だった!
Wordpressで提供されているAMP(Accelerated Mobile Pages)対応のプラグイン「AMP」。最初リリースされた頃はホントにカスタマイズできない感じでしたが、最新版0.4.2で確認したところ、思った以上に簡単にカス

検索数が多くてこの位置ですから、時間限定ではありますがある意味SEOで1位を取るようなものです。

ページのAMP対応は一番手っ取り早い検索1位へのSEOかも知れない。
AMP(Accelerated Mobile Pages)ってご存知ですか?Googleが提唱しているモバイルでのページの高速表示を可能にするための規格です。運営しているサイトで普通のサイトのページとAMPページのトラフィックの逆転が起きた

GoogleのAMPのURLは?

このGoogleにキャッシュされたページ、以下のURLで格納されるようです。

{表示されるampページのURL}
例えば、このハロウィンでamp表示されているガジェット通信のAMPページのURLは
「ハロウィンなので仮装してみた」 “例のセブン-イレブン”がまたまた話題に – ガジェット通信 GetNews
です。

そして一度格納されると更新できないか・・・?というと、ちゃんとampページを更新するといつの間にか変更されています。
クローリングの頻度によるものだと思われますが、そもそもampで出るサイトはクローリング頻度も高いので、そんなに待たされる感じはないと思います。

Validation Errorに注意

それよりも内容更新する時に気をつけなければならないのは、ampのValidation Errorを出さないこと。
amphtmlの内容にエラーがあると読み込まれないようです。更新時にエラーを出したらどうなるかは分かりませんが、多分落ちるんじゃ・・・?

内容更新したらしっかりここでチェックしてください。
The AMP Validator

WordPress 仕事の現場でサッと使える! デザイン教科書 (Webデザイナー養成講座)
WordPress 仕事の現場でサッと使える! デザイン教科書 (Webデザイナー養成講座)
  • 著者 : 中島 真洋 
  • 価格 : ¥ 3,002
  • 大型本:368 ページ
  • 出版日 : 2015/06/23
  • 出版社 : 技術評論社

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

スポンサーリンク

コメント

  1. […] Googleに読み込まれたAMPページは後でも更新可能。それよりもエラーチェックを入念に。 […]