Search ConsoleのAMPエラー修正がおおむね終了。かかった時間は・・・?

シェアする

やっとサイトの過半を占めていたAMPエラーの修正が終わりました。

Search ConsoleのAMPエラー修正がおおむね終了。かかった時間は・・・?

Google Search Consoleを見てみると、大量にあったAMPエラー「AMP HTML タグの属性で指定されたレイアウトが無効です。」がやっとおおむね終わりました。
そのエラーについての記事はこちら。

「AMP HTML タグの属性で指定されたレイアウトが無効です。」がプラグインで解決した件
少し前からSearch Consoleで「AMP HTML タグの属性で指定されたレイアウトが無効です。」のエラーに悩まされてました。が解決...

それが・・・やっと・・・。

最後1件だけ引っかかったっぽいですが、もともと200件以上あったエラーがやっと片付いたのでほっと一息、です。
そもそも何件からスタートしてどれくらいかかったのかを見てみました。

大量のAMPエラー修正確認にかかる時間

最初にエラーが発生したのは昨年末。解決策をやっと見つけて修正を開始したのは記事の日付でもある2/21からです。
その時の対象件数は237ページでした。

3/1に一部修正反映されていない所があり、『サイト「https://freesim.tokyo/」のAMPの問題の未修正部分について』というメールが来ました。
再度修正を施して・・・再度修正確認。この時点で残り150ページ。

そこから待つこと13日・・・今日、ほぼほぼ完了、ということで、237ページを26日間かかって修正確認してくれた感じです。ざっくり1日9ページ。
うーん、Search Console、もっと仕事しろよ・・・と思う所ですが、すごい数のサイトを対応しているのでまぁこれも仕方がないかなぁ・・・。

今後サイトの数がもっと増えていくとこの時間もさらに遅くなる可能性があるので、やはりAMPを導入するならエラーは早いうち、少ないうちにつぶしておく方がいいですね・・・。
さてこれで露出が上がってくれるのかな・・?