余った外貨を電子マネー交換できるポケットチェンジ

シェアする

手元に海外旅行に行った時の余った外国のお金が色々残っています。これ有効活用したいなぁ・・・。

余った外貨を電子マネー交換できるポケットチェンジ

海外から帰ってくると手元に渡航先の外貨の余りが残りますね。一応次に行くときに使うだろう、と思って取ってあるんですが、いろんな国のお金がちょびちょび残っているので総額で見ると万単位になりそうな気がしています。

そういった外貨を旅行から戻った時に空港で電子マネーなどに交換できるサービス、ポケットチェンジというのがあるそうです。

ポケットチェンジのサイトはこちら。

手元の外貨を電子マネーに

基本用途的に空港にポケットマネーの交換機械が設置されているようですが、渋谷のメガドンキとかにもあるみたいなんで、今度手持ちの余り外貨全部持って行ってみようかな、と思いました。

記憶では・・・米ドル(USD)はもちろん、台湾ドル(TWD)、シンガポールドル(SGD)、香港ドル(HKD)、タイバーツ(THB)、ベトナムドン(VND)、ミャンマーチャット(MMK)、インドネシアルピア(IDR)、イギリスポンド(GBP)・・・なんかルーマニアとかもあった気がするなぁ・・・。

対応しているのはこの中ではUSD/TWD/SGD/HKD/THB/VNDくらいのようなのですが、まぁそれだけでもいいお金になりそうです。

WeChatにも交換可能

この間WeChatペイを使えるようにするためにWeChatのアカウントを作ったのですが、ポケットチェンジもWeChatに対応しているんですね。

まだチャージしていないのですが、手持ち外貨を持って行ってWeChatにチャージする、というのもアリな気がしてきました。WeChatは「もしかしたら使うかも」くらいで作っておいただけなので、今一つ身銭を切って今チャージをする理由がなくて・・・けどあまり外貨ならそういうチャージでもいいかも知れません。

こういう「使うかもしれない」チャージは基本使わないですが、万が一の時に凄く助かります。電子マネーじゃないですがSkypeクレジットもあって助かったことがあります。

結構好評はポケットチェンジ

Twitterで調べてみるとそこそこ評判はいいようです。まぁあると便利なサービスであるのは間違いないですしね。


・・・元ツイートのジップロック通貨別保管、全く同じことしてましたw

ね。やっぱりWeChatの連携気になりますよね。

・・なるほど。

WeChat・微信(ウェイシン)公式アカウントガイドBOOK: WeChatプラットフォーム「公共平台」を徹底紹介
WeChat・微信(ウェイシン)公式アカウントガイドBOOK: WeChatプラットフォーム「公共平台」を徹底紹介
  • 著者 : データファーム株式会社
  • Kindle版:81 ページ
  • 出版日 : 2015/05/10
  • 出版社 : データファーム株式会社