新紙幣登場の渋沢栄一・津田梅子・北里柴三郎が主人公のドラマや小説

シェアする

日本国紙幣が久々にリニューアルされることになりました。

新紙幣登場の渋沢栄一・津田梅子・北里柴三郎が主人公のドラマや小説

2024年めどで現在の日本銀行券、いわゆるお札のデザインが変わります。
それと共に掲載されている肖像も変わることになりました。
現在の1万円札の福沢諭吉、5千円札の樋口一葉、千円札の野口英世から、1万円は渋沢栄一に、5千円は津田梅子に、そして千円札は北里柴三郎に変わるそうです。

新紙幣の1万円札は渋沢栄一氏、デザイン20年ぶりに刷新
麻生太郎財務相は9日、2024年度上期をめどに1万円、5千円、千円の新紙幣(日本銀行券)を発行すると発表した。政府・日銀は偽造防止の観点からほぼ20年ごとに紙幣を刷新してきた。前回の刷新は2004年。

麻生太郎財務相は9日、2024年度上期をめどに1万円、5千円、千円の新紙幣(日本銀行券)を発行すると発表した。政府・日銀は偽造防止の観点からほぼ20年ごとに紙幣を刷新してきた。前回の刷新は2004年。

現在のお札のページもあるんですね。

https://www.boj.or.jp/note_tfjgs/note/valid/issue.htm/

さて、当然新しく登場する渋沢栄一、津田梅子、北里柴三郎はどんな人?という話はあるのですが、それは他所でもやるのでこの人たちが登場するドラマを探してみました。

渋沢栄一が登場するドラマ

登場する作品はWikipediaで調べました。

渋沢栄一 - Wikipedia

TBSオンデマンドで「雲を翔びこせ」というのがありました。

近代日本の経済界に大きな足跡を残した偉人・渋沢栄一の青春期を描いたドラマ。渋沢栄一役の西田敏行をはじめ、武田鉄矢、柴俊夫、Char、川崎麻世らが出演している。(C)TBS

雲を翔びこせ【TBSオンデマンド】
雲を翔びこせ【TBSオンデマンド】
  • 価格 :
  • 商品ランキング : 位

また「雄気堂々」という小説もあります。

雄気堂々(上) (新潮文庫)
雄気堂々(上) (新潮文庫)
  • 著者 : 城山 三郎
  • 価格 : ¥ 724
  • 文庫:448 ページ
  • 出版日 : 1976/05/30
  • 出版社 : 新潮社

雄気堂々 (下) (新潮文庫)
雄気堂々 (下) (新潮文庫)
  • 著者 : 城山 三郎
  • 価格 : ¥ 767
  • 文庫:464 ページ
  • 出版日 : 1976/05/30
  • 出版社 : 新潮社

菅原文太主演 大河ドラマ 獅子の時代総集編【NHKスクエア限定商品】
菅原文太主演 大河ドラマ 獅子の時代総集編【NHKスクエア限定商品】
  • NHKエンタープライズ
  • 参考価格 : ¥ 12,636
  • 価格 : ¥ 11,246
  • 商品ランキング : 119,126 位

津田梅子

津田梅子についてはドラマは意外にないようですね。

津田梅子 - Wikipedia
津田梅子―六歳でアメリカに留学した女子教育のパイオニア (小学館版学習まんが人物館)
津田梅子―六歳でアメリカに留学した女子教育のパイオニア (小学館版学習まんが人物館)
  • 著者 : みやぞえ 郁雄, 菅谷 淳夫
  • 価格 : ¥ 1,780
  • 単行本:159 ページ
  • 出版日 : 1997/10/01
  • 出版社 : 小学館
八重の桜 完全版 第壱集 Blu-ray BOX(本編4枚組)
八重の桜 完全版 第壱集 Blu-ray BOX(本編4枚組)
  • バップ
  • 参考価格 : ¥ 18,576
  • 価格 : ¥ 13,205
  • 商品ランキング : 41,484 位

北里柴三郎

北里柴三郎 - Wikipedia

こちらもWikipediaには記載がないです。

北里柴三郎 (コミック版世界の伝記)
北里柴三郎 (コミック版世界の伝記)
  • 著者 : 竹林 月
  • 価格 : ¥ 1,026
  • 単行本:126 ページ
  • 出版日 : 2012/02/01
  • 出版社 : ポプラ社

北里柴三郎(上)―雷と呼ばれた男 (中公文庫 や 32-2)
北里柴三郎(上)―雷と呼ばれた男 (中公文庫 や 32-2)
  • 著者 : 山崎 光夫
  • 文庫:282 ページ
  • 出版日 : 2007/10/25
  • 出版社 : 中央公論新社

北里柴三郎(下)―雷と呼ばれた男 (中公文庫 や 32-3)
北里柴三郎(下)―雷と呼ばれた男 (中公文庫 や 32-3)
  • 著者 : 山崎 光夫
  • 文庫:340 ページ
  • 出版日 : 2007/10/25
  • 出版社 : 中央公論新社

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします