「リスニング四天王」を命名したのは誰?検証してみた。

シェアする

今年のセンター試験の話題をかっさらったリスニング試験の「リスニング四天王」。この初出がどこなのか探ってみました。

「リスニング四天王」を命名したのは誰?初出を探してみた。

今年のセンター試験のリスニングで突如出現した「リスニング四天王」。リスニング試験の問題の絵からバズったキーワードです。

センター試験リスニング四天王の二次創作が続々と
今回のセンター試験リスニングで受験生を驚愕させた「リスニング四天王」。ネットでは早くもリスニング四天王の二次創作がどんどん発表されています。...

センター試験の開始は1/19。当日朝の時点では「ヒアリング」ではこんなツイートが出ていただけでした。

センター試験リスニング終了は18時過ぎ

センター試験受験生のお母さんのこういった温かいツイートも。

リスニング試験は17:10開始で18時過ぎに終了します。この時間以降に「リスニング四天王」というバズワードが生まれるわけですね。

1/19 18時過ぎ リスニング試験終了

そして18時を過ぎた頃、リスニング試験を終了した受験生からのツイートが出始めます。

1/19 18:22、リスニング四天王出現

そして謎のリスニング問題イラストが初めてネットに出現した18:13から9分後、ついにバズワードが出現します。

このツイートが初めて出現した「リスニング四天王」。あれだけバズったキーワードなのにこの時点では10いいね!、という・・・。
7分後にもう1発。

こちらは「英語リスニング四天王」でした。こちらも2RTの12いいね!とかそんな感じ。

初出から30分経過してもまだまだリアクションはありません。どちらかというとこの時点ではリスニング四天王の画像の方がバズっていた、ということですね。

そして比較的バズったといえる「リスニング四天王」のツイートは初出から2時間後のこちら。

まだこの頃は「リスニング四天王」というキーワードも定まらない感じです。

1/19 21時頃、リスニング四天王に収斂

そしてこのあたりで「リスニング四天王」に収斂していきます。

このあとどんどんバズワードとなり、pixivにキーワードとして登録されたりゲームになったり・・・となっていくわけですねw

沈黙のWebライティング —Webマーケッター ボーンの激闘—〈SEOのためのライティング教本〉
沈黙のWebライティング —Webマーケッター ボーンの激闘—〈SEOのためのライティング教本〉
  • 著者 : 松尾 茂起
  • 価格 : ¥ 2,160
  • 単行本:632 ページ
  • 出版日 : 2016/11/01
  • 出版社 : エムディエヌコーポレーション