「彼氏が~でした」が息の長い流行りを見せる。元ネタはタント

シェアする

Twitterでずっと続いてるのが「彼氏が○○でした。」で始まるツイート。これってなに?

「彼氏が~でした」が息の長い流行りを見せる。元ネタはタント

「彼氏が○○でした 死にたいくらい恥ずかしくて惨めなデートでした」で始まり「あたし何かおかしいこと言ってますか?普通の感覚ですよね?」で結ぶツイートが2月になったあたりからずっと流れてきます。
中にはくすっと笑えるものもあるのですが・・・いくつか見てみましょう。

彼氏がトレーニーでした。


日毎に鍛える部位を変える筋トレでは脚の日、脚トレの日が一番きついそうです。

彼氏がリクルートでした

彼氏が会計士でした

GC=Going Concern、継続企業の前提。

この「彼氏が~でした」の元ネタは、ヤフー知恵袋だそうです。「彼氏の車がタントでした。」がオリジナル。

こちらで車の部分が変わって色々とツイートされていたようですが、車だと・・・難しいですね。マニアックなのになったりで。

それでそのうち車を省略して「彼氏が~でした」になったんじゃないかな、と思います。

彼氏がサービス保守でした

公式も参加

公式も参加2

そんななかで個人的に面白かったのはこれ。

彼氏がShift_JISでした

正しいコピペのすすめ――模倣、創造、著作権と私たち (岩波ジュニア新書)
正しいコピペのすすめ――模倣、創造、著作権と私たち (岩波ジュニア新書)
  • 著者 : 宮武 久佳
  • 価格 : ¥ 946
  • 新書:224 ページ
  • 出版日 : 2017/03/23
  • 出版社 : 岩波書店