シンガポールの自動化ゲート、もしかして使えちゃう?

シェアする

シンガポールの自動化ゲートが・・・もしかして使えるかも?

シンガポールの自動化ゲート、もしかして使えちゃう?

最近空港に自動化ゲートが増えています。イミグレの煩雑な手間を簡素化するため、旅行者にとっては長時間並ばなくていいので大歓迎ですね。既に日本でも成田空港などで導入されています。

さて、シンガポールの先進的なチャンギ空港でも自動化ゲートがあるのですが、利用対象者に日本と韓国が追加されました。一定条件を満たせば日本人もチャンギ空港で自動化ゲートが使える、ということですね。

チャンギ空港の自動化ゲート利用要件

こちらに詳細があります。

シンガポール入国管理局は、2019年8月28日より日本人と韓国人は入国時にも自動化ゲートが使えるようになると発表しています。

利用するためにはFTP(Frequent Traveller Programme)の事前登録が必要で、6歳以上で尚且つ直近2年間(24か月間)に2回以上シンガポールに入国した経験のある人が対象。

ん?なぬ?2年間で2回入国?ということは・・・?

この間のシンガポール行きですが、日本からシンガポールへの入国で1回。そこからジョホールバルに国際タクシーに乗って、戻ってくるときにウッドランドチェックポイントで2回めの入国。

シンガポール=ジョホールバルの国際タクシーについて
シンガポールからタクシーで国境を超えてジョホールバルに入る方法を紹介します。

ということは、これでクリアしちゃった?原典を見てみましょう。

日本と韓国の自動化ゲートについてはこちら。

 Japan and South Korea nationals aged six and above who are holding a passport with more than six months’ validity, and have visited Singapore at least twice in the past two years, are eligible to apply for the FTP.

日本と韓国の6歳以上で残6ヶ月以上のパスポートの有効期限がある人で、シンガポールを過去2年間最低2回以上訪問した人は申込可能、とありますね。

この中で出てくるFTP、Frequent Traveller Programのページはこちら。

こちらを見ると、現在自動化ゲートを利用可能な国は以下の通りです。

オーストラリア
香港 (HKSAR)11歳以上
日本
マレーシア15歳以上
ニュージーランド
中国 (PRC)5年以上のシンガポール政府によるマルチプルビザ保有者
韓国
タイ
英国 (UK)パスポートがGBRになっている者。GBD・GBO・GBS・FBP・GBNのものは認めない。
米国(USA)TTP(Trusted Travellaers Programme)登録者
APECビジネストラベルカード保有者
ABTC Holder
SGPの裏書きが必要。米国・カナダの保有者は許可される

というところでしょうか。条件が-のところは、基本条件になる「過去2年間に入国2回」「6歳以上」「パスポート残期間6ヶ月以上」が要件です。

これは・・・いけるなぁ・・。とはいえ、申込みはチャンギ空港第3ターミナルやウッドランドチェックポイント等なので、次回シンガポールに行ったときでないと申込みはできませんが・・・。

出国時は自動化ゲートは誰でも使える

ちなみに入国時はこういった要件があるシンガポールのイミグレですが、出国時は誰でも使えるそうです。

入国時に指紋登録してるから、ってことみたいですね。ロジカルですね。

るるぶシンガポール’20 (るるぶ情報版(海外))
るるぶシンガポール’20 (るるぶ情報版(海外))
  • 著者 : JTBパブリッシング
  • Kindle版:146 ページ
  • 出版日 : 2019/02/08
  • 出版社 : JTBパブリッシング