メディアの見出しがミスリードを誘っている件

見出し、タイトルはアイキャッチとしては重要です。このサイトも気にかけてはいるのですが、最近大規模メディアでも時折ヒドイ見出しが・・・

スポンサーリンク

サンケイのヒドイ見出し

今日見た中で一番ひどかったのはこれ。
野田聖子総務相、お膝元の岐阜市長選で敗北 元民主衆院議員が初当選 – 産経ニュース
政治・選挙ネタは全然興味ないですが、これはちょっと日本語としてヒドかった。

タイトルは「野田聖子総務相、お膝元の岐阜市長選で敗北 元民主衆院議員が初当選」
で、内容はと言うと、

任期満了に伴う岐阜市長選は28日投開票され、無所属新人の旧民主党元衆院議員、柴橋正直氏(38)が会社社長、中西謙司氏(56)=自民推薦、公明支持=ら無所属新人6人を破り初当選した。投票率は36・35%。岐阜市は野田聖子総務相の地元。野田氏は出馬を公言する9月の自民党総裁選に向け打撃となりそうだ。

野田聖子総務相、お膝元の岐阜市長選で敗北 元民主衆院議員が初当選 – 産経ニュース

つまり、自民党の野田聖子総務省の地盤である岐阜市長選で、自民党候補が負けました、という話。
地元ということで支援演説があるはずがインフルエンザや国会日程で行けなかったり、自民党推薦の中西さんの前に出馬表明をしていたのが野田議員の元秘書の県議の方だったり、とまんざら関係はなさそうですが、煎じ詰めれば「野田聖子総務省地盤の岐阜市挑戦で」「自民党候補が負けました」という内容。

それがタイトル的にまず飛び込んでくるのが「野田聖子総務相、お膝元の岐阜市長選で敗北」という、なんか野田総務省が負けました、的な見出し。
これって正しくは「野田聖子総務相お膝元の岐阜市長選で(自民)敗北 元民主衆院議員が初当選」という、読点1個外して一応「自民」みたいな主語を追加してあげるべきなんじゃないの・・?
本来は「自民党、岐阜市長選で敗北 元民主議員が初当選」=岐阜で自民が負けました、という記事内容なのですが、キャッチーな「野田聖子」を入れたいがために主語の自民党を入れ替えたあたりからおかしくなってる気がします。

こんな感じ。
自民党、岐阜市長選で敗北 元民主党議員が初当選
↓キーワード「野田聖子」を入れ込みたい
自民党、野田聖子お膝元岐阜市長選で敗北 元民主党議員が初当選
↓主語「自民党」を落とす
野田聖子総務省お膝元の岐阜市挑戦で敗北 元民主衆院議員が初当選
↓最初のセンテンスを可読性上げるために変な所に読点を入れる
野田聖子総務相、お膝元の岐阜市長選で敗北 元民主衆院議員が初当選
結果意味が替わって取れる迷文に

いやー、日本語って難しい。

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク