SIMフリーのスマホやガジェット、格安SIM、Wordpressの情報などなど。

その他

Chromeで位置情報を偽装する方法。

Google Chromeでブラウザの位置情報を利用するGeolocation APIなどで今いる場所と違う場所に偽装したい時の設定。

Chromeで位置情報を偽装する方法。

Google Mapで開いちゃったりしていますがGoogle Mapには通じませんでした。
何にせよデベロッパーツールを開きます。ショートカットはctrl+Shift+I。MacはCommand+Option+Iかな?

その後デベロッパーツールのどこかをちょっとクリックしてこのウィンドウをアクティブにし、ESCキーを押すと下にConsoleが出てきます。

このタブの左上「︙」になっているところをクリックするとメニューが出てくるので「Sensors」を選択。

下にいかにも座標を入れそうなインターフェイスが。

Geolocationのところから予め指定されている世界各地の座標を使うもよし、直接座標を入力するもよし、です。

Google Mapはこれでは騙されてくれませんが、普通にロケーションを要求したりチェックするウェブページなんかはこれで偽装可能です。
スマホビューにするとスマホでのテストも可能です。

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

関連記事

-その他
-, , , ,