「何の錯視かすら分からない」錯視画像を検証してみた。

シェアする

Twitterでバズっている画像があります。『「何の錯視かすら分からない」レベルの意味が分からない錯視画像』と言われたこの話題の画像、どう見てもギザギザと波線のパターンなんですが、実は全て波線で色のパターンでそう見えるとのこと。検証してみました。

「何の錯視かすら分からない」錯視画像を検証してみた。

その話題のツイートはこちら。


んー、カクカクした線と丸い波線が見えますね・・・?
実はこれが全部丸い波線だという・・・影みたいについている色の加減でこうなるそうです。
といっても・・・いくらみてもカクカクはカクカクなので、この画像を拡大して検証してみました。

もともとの画像から赤線のところを切り取って拡大してみます。
pattern

ちょっと拡大してみた

上の赤線部分を1.5倍くらいにしてみました。これだと・・・まだカクカクに見えますね。
pattern01

思いっきり拡大してみた

こちらで大体3倍くらい。ここまですると・・・ホントだ!全部波線だった!
pattern01

下の黒い部分も同様でした。
pattern02

これはわからないな・・・・。

なぜこう見える? どうしてそう見える? <錯視> だまされる脳
なぜこう見える? どうしてそう見える? <錯視> だまされる脳
  • 著者 : 新井仁之
  • 価格 : ¥ 1,620
  • 単行本:88 ページ
  • 出版日 : 2016/08/20
  • 出版社 : ミネルヴァ書房

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします