UberEatsの料金はどれくらい割高か調べてみた。2。

シェアする

Uber Eats提供に各チェーン店がどれくらい価格上乗せしているか知ってますか?

UberEatsの料金はどれくらい割高か調べてみた。2。

前に記事にしたファストフードなどのチェーン飲食店のUber Eatsでの提供価格と実店舗の価格の差額、増額率をアップデートしてみました。前の記事はこちらです。

UberEatsの料金はどれくらい割高か調べてみた。一番コスパいいのは…?
ちょくちょく使って便利なUberEats。ファストフードでどれくらい載せているのか調べてみました。

なんだかんだでUber Eatsで利用できるチェーン店舗は増えましたね。前回は松屋・マクドナルド・ケンタッキーフライドチキン(KFC)でメニューを抜き出して、Uber Eats提供価格と店舗価格を比較しました。今回はそこにフレッシュネスバーガー・モスバーガー・すき家・スターバックス・はなまるうどん・リンガーハット・サブウェイを追加しました。

今回は増額率が高い所から順番に。35%と言われるUber Eatsの手数料を引いたときの収支も出してみました。

乗せすぎ?のはなまるうどん

この調査ではUber Eatsで提示されている金額と店舗メニューの金額を比較していて、上乗せ率?的なものを増額率としていますが・・・はなまるうどんは多分全てのメニューが55%以上上乗せされているようです。提供されるのは基本サイズ小なので比較するとこんな結果に。

はなまるうどんUber Eats店舗差額増額率Uber手数料収支
温玉ぶっかけうどん45029016055%1583
きつねうどん45029016055%1583
サラダうどん70046024052%245-5
カレーライス60035025071%21040
牛肉ごはん60035025071%21040
コロッケ2001109082%7020

うどんものが50%以上、ご飯物が70%以上、オプションが8割、というかキリのいい数字にしてる感じですね。

本来、店舗価格はそれで利益が出るようになっているはずなのですが、Uber Eatsの配送だと差額でも粗利が出る設定になっているようです。例えば温玉ぶっかけうどんは店舗で290円で人件費含めて利益が出るはずです。450円のUber Eats価格でUberの取り分は35%で158円。差額が160円あるのでここでも2円粗利が出ます。

まぁうどん用のパッケージだったり袋だったり必要なのであぁいうセルフうどん系だと配送は余計なコストがかかるんでしょうね・・・。はなまるうどん的にはUber Eatsでリーチが増える、という感じは一切ないようですね。

ゴリッと乗せてくるサブウェイ

サブウェイも新たにUber Eatsで利用できるようになっていますが、ここは・・・単価安めですがその分ゴリッと乗っけています。d

サブウェイUber Eats店舗差額増額率Uber手数料収支
ツナ62139023159%21714
チーズローストチキン70245025256%2466
ターキーブレスト62142020148%217-16
BLT62139023159%21714
ベジーデライト51329022377%18043

面白いのは他店にあるような一定金額を乗せる形ではなく、メニューによって収支が違うことです。なんか実際の原価と連動しているような・・・。ターキーブレストとBLTはUber Eatsの価格は同じなのに店舗価格が違う、とか、さらに高いチーズローストチキンは収支でプラス6円なのにターキーブレストはマイナス16円とか・・・あまり一貫性のない値付けになっていますね。けど基本高め。

ちょっと乗せ気味?すき家

今回調べてみたすき家も結構乗せてますね。何回か使ったけど。とはいえ、主力の牛丼などでは結局Uber手数料で収支マイナスのようです。

すき家Uber Eats店舗差額増額率Uber手数料収支
3種のチーズ牛丼73050023046%256-26
高菜明太マヨ牛丼70048022046%245-25
牛丼50035015043%175-25
ねぎ玉牛丼70048022046%245-25
とん汁たまごセット30020010050%105-5
サラダ2101407050%74-4
キムチ牛丼70048022046%245-25
うな牛148089059066%51872
ポークカレー74049025051%259-9
牛皿41026015058%1447

基本的に4割から5割の増額ですね。収支は-25円というのが多いですが、牛丼350円のうちの25円、と考えるとそこそこ粗利は食われています。うな牛のような「食べたい!」系はここぞとばかりに乗せてますねw

高めに見えるけど標準的なリンガーハット

リンガーハットはちょっと特殊で、それぞれメニューが店舗によって違う、ということですが、一応同じ店で調査した、はず・・・。

リンガーハット*Uber Eats店舗差額増額率Uber手数料収支
長崎ちゃんぽん90063027043%315-45
長崎皿うどん90066024036%315-75
野菜たっぷり皿うどん110081029036%385-95
長崎ちゃんぽん餃子5個セット126091035038%441-91
餃子5個37027010037%130-30

これで見るとどれも収支的にはマイナスなのに、単価が高いことでUber Eats価格は高めに見えますね。野菜たっぷり皿うどんは店舗で810円、Uber Eatsで1,100円。高いじゃん、と思うのですが、実際は100円近くマイナス、となっています。

まぁ標準的な上乗せ幅の松屋

前回も調べた松屋ですが、まぁこのあたりが一般的なUber Eats価格かと。前回なかった収支を見てみるとまたちょっと見え方が変わりました。

松屋Uber Eats店舗差額増額率Uber手数料収支
プレミアム牛めし50038012032%175-55
プレミアムネギたま牛めし64049015031%224-74
キムカル丼65050015030%228-78
プレミアムおろしポン酢牛めし63048015031%221-71
オリジナルカレー50038012032%175-55
カレギュウ77055022040%270-50
ハンバーグカレー77059018031%270-90
生野菜1501104036%53-13
お新香110803038%39-9
キムチ110803038%39-9
牛皿39024015063%13714
豚汁2401806033%84-24
半熟卵80602033%28-8

プレミアム牛めし1つ売ると粗利でマイナス55円。結構大きいですね。キムカル丼に至っては78円粗利減なので、店舗で販売するのとUber Eatsで販売するのとどちらがいいかは店舗次第ですね。

牛丼チェーンは元からお持ち帰りはあるのでUber Eatsでの新たな負担増はないと思いますが、こうやって見るとすき家より松屋のほうが販売チャンネル開拓には前向きだと言えるでしょう。

大体3割増しのフレッシュネスバーガー

フレッシュネスバーガーは大体31%の上乗せでした。フレッシュネスとかだと店舗に行って待っている時間を取るか、家でのんびり待って食べるか、という選択が成立しそうな気がします。

フレッシュネスバーガーUber Eats店舗差額増額率Uber手数料収支
ベーコンオムレツバーガー55042013031%193-63
タピオカ黒ウーロンミルクティ55042013031%193-63
クラシックアボガドチーズバーガー98075023031%343-113
クラシックチーズバーガー78060018030%273-93
テリヤキバーガー51039012031%179-59
クラシックバーガー65050015030%228-78
テリヤキチキンバーガー55042013031%193-63
フレッシュネスバーガー55042013031%193-63
ホットドッグ47036011031%165-55
北海道フライドポテトRサイズ3302508032%116-36
オニオンリングLサイズ50038012032%175-55

結果的に店舗価格の15%弱くらいを収支で食ってる形ですね。

ハンバーガー業界標準?マクドナルド

前回紹介のマクドナルド。基本メニュー価格に変動はありません。こうやってみるとかなり思い切った収支マイナスですね。

マクドナルドUber Eats店舗差額増額率Uber手数料収支
グランガーリックペッパー4503906015%158-98
グランガーリックセット750690609%263-203
ベーコンマックポークセット5805008016%203-123
テリヤキチキンフィレオ390360308%137-107
マックフライポテトL3703205016%130-80
マックフライポテトM3102704015%109-69
15ピースチキンナゲット67057010018%235-135
マックチキンナゲット5ピース2402004020%84-44
コカ・コーラM2602204018%91-51
コカ・コーラL2902504016%102-62
スプライトM2602204018%91-51
スプライトL2902504016%102-62

個人的な憶測ですが、マクドナルドってプロモーションかける時は結構なメガプロモをかけているのでUber Eatsを広告チャネルとして見ているのであればこれくらいの粗利減も許容範囲なのかもしれません。テリヤキチキンフィレオが360円のところ、Uber Eatsで売ると107円マイナス、ということは基本粗利は吹っ飛んでると思います。

マクドナルドは自前配送、マックデリバリーもやっているので、そのコスト、と捉えると許容範囲なのかもしれませんが、それにしてもUber Eatsはガッツリ取り組んで様子見しているのかなぁ・・・?

マックに習うモスバーガー?

モスバーガーもマクドナルドと大体同じ乗せ方。

モスバーガーUber Eats店舗差額増額率Uber手数料収支
モスチーズバーガーセット(ポテトSセット)93081012015%326-206
モスチーズバーガー4504005013%158-108
モスバーガー4203705014%147-97
冷製カレーチキンバーガー3302805018%116-66
フィッシュバーガー3903405015%137-87
海老カツバーガー4403905013%154-104
ホットドッグ3703205016%130-80
フレンチフライポテトサイズS2702205023%95-45
オニオンフライ3102605019%109-59
バラエティパックA1150100015015%403-253

810円のモスチーズバーガーセットで収支206円マイナス、というのは・・・辛いですねぇ・・・。

上乗せ8%一律のスターバックス

アイストールラテをUber Eatsで。というスタバですが、一律8%乗せですね。スタバは米国でもUber Eatsはやってると思うのでノウハウあるんだろうなぁ・・・。

スターバックスUber Eats店舗差額増額率Uber手数料収支
スターバックスラテ(ホット)410380308%144-114
ドリップコーヒー356330268%125-99
スターバックスラテ(アイス )410380308%144-114
アイスコーヒー356330268%125-99
アイスムースフォームキャラメルマキアート496460368%174-138
石窯フィローネBBQポーク496460368%174-138
サラダラップ根菜チキン410380308%144-114
BLT&BLTエッグサンドイッチ604560448%211-167
アメリカンスコーン チョコレートチャンク280260208%98-78
シュガードーナツ248230188%87-69

きれいな8%乗せでドリップコーヒー356円、とか端数がでる構成になっています。あ、ドリンクは基本トールサイズとのこと。

全く上乗せ無しは変わらず。ケンタッキー

前回登場でUber Eatsで頼むならここ一択でしょ、くらいのケンタッキー・フライド・チキン。なぜなら店舗メニューと価格変わらずでUber Eatsで提供しています。

KFCUber Eats店舗差額増額率Uber手数料収支
オリジナルチキン25025000%88-88
骨無しケンタッキー25025000%88-88
辛口ハニーチキン27027000%95-95
チキンフィレサンド39039000%137-137
和風チキンカツサンド39039000%137-137
野菜たっぷりツイスター34034000%119-119
Sカーネリングポテト25025000%88-88
Rカーネリングポテト39039000%137-137
BOXポテト(カーネリング)70070000%245-245
ビスケット22022000%77-77

ビスケット220円がUber Eatsでも220円。もうドンキじゃないけど情熱価格ですね。何考えてやってるんでしょ。

総括

こうやって見るとファストフード業界でもそれぞれ考えていることは違うなぁ、というのが感想です。とりあえずKFCは値上げする前にUber Eatsでどんどん頼んどいたほうが良さそうです。

回数重ねると・・・別記事みたいに期間限定無料になって、そうするともうお値段そのままでチキンフィレサンドがお家でいただけます、という状態になります・・・。

Uber Eatsの配送料が期間限定無料になりました。
何かと話題のUber Eats、使い続けていると配送料が期間限定で無料になりました。
UBER EATsで稼ごう
UBER EATsで稼ごう
  • 著者 : rize1com
  • Kindle版:31 ページ
  • 出版日 : 2018/11/15
  • 出版社 :