Amazon、Product Advertising API利用条件を変更

シェアする

Amazonの超便利な商品検索API、Product Advertising APIの利用条件が変わりました。

スポンサーリンク

売上の無いアカウントは使えなくなるAmazon Product Advertising API

AmazonからProduct Advertising APIの利用についてのメールが来ました。
詳細はこちら、ということで提示されたページはこれです。

アソシエイト・セントラル - ヘルプ

Product Advertising API (以下PA-API)ではこれまで全てのお客様に初期状態にて1秒間に1リクエストのサービス提供をしてまいりました。
2019年01月23日よりこの条件を変更し、初期状態にて1日のリクエスト上限を8,640リクエストとし、追加の日次リクエスト可能数の上限を毎日動的に変更する下記仕様といたします。

ほうほう、これまではAmazonのAPIって1秒1リクエストだったんですね。長く使ってなかったので感覚がなかったですがそんな感じですか。1日が86,400秒なので最大が1日86,400回。

それが2019/1/23より以下に変わるそうです。

初期リクエスト可能数変更

初期リクエスト可能数 : 1日あたり 8,640リクエスト(API利用開始より60日間)

これはなかなか・・・。最初開発の時は色々試行錯誤すると思いますが、無駄撃ちしているとすぐに1日分使って止まっちゃいますね、これ。

商品リンクからの売上に対応したリクエスト上限

PA-APIより取得した商品リンクより発生した、過去30日間の発送済み商品売上$0.05(日本円で約5円)ごとに1リクエスト追加

5円売ると1リクエスト追加。売上なのがまだ救いですが、500円売って100リクエスト追加、というなかなか高いハードル。つまりAPI使っても売って無いところはAPIリクエスト貧乏になる、ということですね。

最大リクエスト数は10倍に

1日の最大リクエスト可能数は、1日あたり864,000リクエスト

これまで1秒1リクエスト、という話だったのだとすれば、この1日の最大リクエスト可能数は10倍ある、ということですね。0.1秒に1回。

総論、調査目的と売れないサイトは使わせないルール

AmazonのAPIは商品検索としてはすごく良く出来たAPIです。いろんなものが売っているので大体のものの価格の情報は手に入ります。なのでちょっとした商品調査のAPIとしてもすごく使われていたんでしょうね。

それが今回の改変で基本「売れる人にだけ提供する」という方向に変わったことで、調査目的だけでの継続利用はかなり難しくなりました。とはいってもみんなドンドン捨てアカで登録していくんでしょうが・・。

これ文面を読む限りでは、アカウント開設から60日間は8,640回/日使えるけど、その後はチャージされることもなくリクエストが足りなくなったら終わり、という感じのように読めます。継続的にAmazonアソシエイトで売上を立てていかないといずれストップで、売上でのチャージ分<リクエスト数だとこれまたいずれ動かなくなる、という・・・?

WordPressのAmazon関連プラグイン、AmazonJSとかも注意

また、このサイトでも使っていますがAmazonJSなどのAmazonのAPI利用をするプラグインを使っているブロガーさんたちにも災難なことに・・・。なぜならAmazonJSはProduct Advertising API必須で、このサイトでも使ってるんですが、売上がないと使えなくなっちゃいます。

このAPI利用回数はリクエストベースなので、キャッシュも何もしていないと表示されるたびにリクエストを消費していくんじゃないかな?と思います。

これですね。これの表示で1リクエスト。

対応策としてはなるべくキャッシュしてリンクは表示させるけどAPIは使わない、という形にしていくしかなさそうですね・・・。売上が爆発的に上がるのが一番いいのですが。

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

スポンサーリンク