タイのiQOS(アイコス)持込禁止事情に変化が・・・?

シェアする

タイはiQOS(アイコス)などの加熱式たばこは持込禁止ですがその状況に変化が・・・?

タイのiQOS(アイコス)持込禁止事情に変化が・・・?

これまでタイの空港の禁煙事情について色々と記事を書いてきました。

タイの6空港が完全禁煙に。サクララウンジも喫煙スペース閉鎖
喫煙に基本おおらかな感じのある東南アジアですが、タイだけはかなり喫煙者に厳しいようです。
空港喫煙所撤去から10日…実際どうなった?タイの空港禁煙。
2019年2月3日のタイの6空港完全禁煙から10日ほど経ちましたが実際は・・・?

その中でも都度触れているようにタイはiQOS(アイコス)やVAPEなどの電子タバコは持込禁止、所持自体が違法です。

はい。トランジットでタイに入国しないとしても、空港内は喫煙所がないので使うことができません。悪くするとたしかに所持で面倒なことになる恐れもありますね。

また摘発については日本人がかなりの確率で狙い撃ちになっていて、さらに誘導してiQOSなどを出させて賄賂を請求するケースもあるとかないとか。

タイでiQOS(アイコス)など電子タバコが合法化!?

そんな感じで(タイから見て)外国人観光客がiQOS(アイコス)などの持込で検挙されたりトラブルに陥ったりするケースがあるなか、iQOS(アイコス)などの電子タバコについては持込や所持の取締りについて緩和される、という情報が伝わってきています。

タイ財務省物品税局のパチャラ局長は、電子たばこに対する課税案の検討を開始したと明らかにした。国内で禁止されている一方、世界的に広く普及し、非正規で輸入・使用する人が増えていることから、関連税制を定め、合法化させる。8日付ポストトゥデーなどが報じた。

これについては他のニュースでもう少し詳細に触れられています。

電子タバコをタイに持ち込んで、逮捕される旅行者も出て、各国の大使館から苦情が出ていた件で、タイの物品税局は電子タバコの持ち込みを認める方針で、その際に税金を30%~40%徴収することになるとしている。

電子タバコに関する逮捕では逮捕された人の国の大使館がフォローをすることになりますが、7〜8カ国の大使館からこの措置について苦情が出ていた、とのことで見直しが入るようです。実際にいつから始まるかなどは具体的なソースが見つかっていませんが、正式に施行されればアナウンスはされると思います。

まだタイ国政府官公庁による日本人向けのガイド記事では禁止のままになっていますので、しばらくは様子見のほうがいいでしょう。

まぁ仮にiQOS(アイコス)やVAPEの持込・所持が関税を払うことで可能になったとしてもスワンナプームやドンムアン、チェンマイ、プーケットなどの各空港内には喫煙所は無いので空港内禁煙は変わらないのですが・・・。

キラキラかわいい街バンコクへ (旅のヒントBOOK)
キラキラかわいい街バンコクへ (旅のヒントBOOK)
  • 著者 : 林 直子, 村田 美菜子
  • 価格 : ¥ 1,728
  • 単行本(ソフトカバー):176 ページ
  • 出版日 : 2018/11/26
  • 出版社 : イカロス出版