#WatchOS7 で?ワークアウトのマップの経路が出ない問題

シェアする

#WatchOS7にアップデートするとワークアウトの経路のマップが表示されない問題があるようです。

#WatchOS7 で?ワークアウトのマップの経路が出ない問題

Apple Watchの新しいOSのWatchOS7。アップデートするとバッテリーの持ちが悪くなる問題以外にも、フィットネス(アクティビティ)のワークアウトのマップが表示されない、という問題が出ています。

バッテリー問題はこちら。

#WatchOS7 アプデでバッテリー消耗が激しい時の対処法。
新しいApple WatchのOS、WatchOS 7にアプデするとバッテリーの減りが早い・・・!

さてアクティビティ改めフィットネスの問題ですが、Apple Watchでワークアウトをするとジョギングやウォーキングで通った経路が残る機能がありますが、これがWatchOS7アップデート後から地図表示されない、という問題が出ています。本来はこういう感じで表示されて後で見ても楽しいのですが・・・。

現在はマップが表示されない、または出発地点から動いてない状態になる、という状況です。個人的にはWatchOS7アプデ後のワークアウトは出発地点のみ表示、アプデ前のデータは地図自体が表示されないと思います。

使っている人は毎日でも使う機能なのですごく気になりますね。
ちょっと調べてみたところ、マップのデータはApple WatchやiPhoneの中には残っていて、データが消えたというよりはデータが表示されない、という不具合のようです。
iOSの設定>ヘルスケア>データアクセスとデバイス>{使っているAppleWatchの名前}>ウォーキング+ランニングの距離、という深い階層にそれっぽいデータがありました。こんな感じのデータです。

デバイスのアイコンと距離、日付の行がすごい数がありますが、おそらくこれがワークアウトの移動データじゃないかなぁ・・と。1つを開いて見ると度のデータもすごく短い時間、せいぜい30秒未満のデータになっています。これをがっちゃんこするとあのマップの経路表示になるんじゃないかなぁ・・・?と思いました。
なのでおそらくですがこの不具合がOSアップデートなどで解消されると表示されていなかったデータもちゃんと復活するんじゃないかなぁ?と思っています。