訃報≠朗報に続いて「そのうま」問題も勃発

シェアする

訃報を朗報と間違える、という話がありましたが、もっと根深い「そのうま」というのもありました・・・。

スポンサーリンク

訃報≠朗報に続いて「そのうま」問題も勃発

訃報と朗報を間違える、という話がバズりましたが・・・。

朗報と訃報って紛らわしいよね。の大喜利始まる
YouTuberがサイパンで亡くなった、という話から「訃報」と「朗報」を取り違えたツイートが乱発されましたが・・・さらに新しい展開が。

・・・新たに出てきたのが「そのうま」問題。そのうま?うま?うまいの?

「そのうま」なツイート

結構前から時折出てくるみたいですね。「そのうま」。

ざわざわ・・・

「そのうま」に違和感を持つ人達・・・。

なるほど、その旨、か!

確かにその旨(むね)だけど、旨(うま)い、とも読みますねー。

ちなみに旨い、の方を調べると・・・

うま‐い「うま‐い」の辞書の結果
【甘い・旨い】
《形》
1.味がよい。 「―汁を吸う」(転じて、骨を折らずに自分だけいい目をみる)
2.[旨] よい。すぐれている。 「―考えだ」。じょうずだ。
3.自分にとって都合がよい。もうけになる。 「自分だけ―事をする」

と、ありました。甘(あま)い、と書いても「うまい」なんですね。
この旨(うま)については人に言われて???となるケースが結構多いようです。

「そのうまお伝えします」と言われた方はちょっと面食らいますねー。

古くは「既出(きしゅつ)」が読み間違いで「がいしゅつ」となったり一般化するケースも多々ありますが、これもそのうちそうなりそうです。

いやこれぜったいワザとだと思う・・・w

他にもある「思い込みワード」

進捗>進歩

字が似てますけどね・・・「進捗(しんちょく)」が「進歩(しんぽ)」になってる例も。

拗らせて>すねらせて

「こじらせて」が「すねらせて」になってるパターン。

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

スポンサーリンク