今年の新入社員のタイプはAIスピーカー型!?オッケーGoogle、座布団全部取って!

シェアする

ちょっと古い話ですが、毎年の「今年の新入社員のタイプ」というやつについて。

今年の新入社員のタイプはAIスピーカー型!?オッケーGoogle、座布団全部取って!

毎年年度の変わり目に発表されていた「今年の新入社員のタイプ」というやつ。元々は公益財団法人 日本生産性本部、というところが発表していたようですね。

新入社員意識調査|日本生産性本部
日本生産性本部では、新入社員を対象に就労意識をテーマとする調査を長年にわたって実施し、その年ごとの新入社員の特徴やデータの経年変化を発表してきました。

していた、というのはここからの「新入社員の特徴とタイプ」は平成29年度で終了しているからです。

まぁ・・・ぶっちゃけ過去のを見てもらってもお分かりの通り、流行語大賞というか、前年の流行をベースにいかに特徴としてまとめられるか、という内容で、基本酒の肴くらいのものです。

新入社員の特徴とタイプ(過去一覧)

「ロボット掃除機型」「発光ダイオード型」とか・・・大体「あぁ、あの頃か」となるタイトル付けですよね。どちらかというと新入社員のタイプというよりは、その年流行したもの一覧、みたいな感じです。まとめた表がこちら。

西暦和暦タイプ説明
1973昭和48年パンダ型おとなしく可愛いが、人になつかず世話が大変。
1974昭和49年ムーミン型人畜無害でおとなしいが、大人か子供か得たい知れず。
1975昭和50年かもめのジョナサン型群から外れやすく、上空からしらけた眼で見ている。一方でめざとい。
1976昭和51年たいやきクン型頭から尾まで過保護のあんこがギッシリ。
1977昭和52年人工芝型見た目はきれいで根が生えず、夜のネオンでよみがえる。
1978昭和53年カラオケ型
伴奏ばかりで他と音程合わず。不景気な歌に素直。
1979昭和54年お子様ランチ型
何でもそろって綺麗だが、幼さ抜けず歯ごたえなし。
1980昭和55年コインロッカー型
こじんまりと画一的で、外見も反応もすべて同じ。
1981昭和56年漢方薬型
煎じ方悪ければ、効き目なく副作用生じる。
1982昭和57年瞬間湯沸し器型
新式と旧式の二種類存在し、反応・熱意が正反対。
1983昭和58年麻雀牌型
大きさと形同じで並べやすいが、中身はわからず。
1984昭和59年コピー食品型
外見のみ本物風で手間いらずだが、歯ごたえなく栄養も心配。
1985昭和60年使い捨てカイロ型
もまないと熱くならず、扱い方もむずかしい。
1986昭和61年日替わり定食型
期待した割には変わりばえせず、同じ材料の繰り返し。
1987昭和62年テレホンカード型
一定方向に入れないと作動しないし、仕事が終わるとうるさい。
1988昭和63年養殖ハマチ型
過保護で栄養分高いが、魚らしくピチピチしてない。
1989平成元年液晶テレビ型
反応早いが、値段高く色不鮮明。改良次第で可能性大。
1990平成2年タイヤチェーン型
装着大変だが、装着の具合次第で安全・駆動力OK。
1991平成3年お仕立て券つきワイシャツ型
価格高く仕立てに時間かかり、生地によっては困難。
1992平成4年バーコード型
読み取り機(上司)次第で、迅速・正確・詳細な処理可能。
1993平成5年もつ鍋型
一見得たい知れずで厄介だが、煮ても焼いても食えそう。
1994平成6年浄水器型
取り付け不十分だと臭くまずいが、うまくいけば必需品。
1995平成7年四コママンガ型
理解に時間がかからず、傑作もある一方で、市場にあふれているので、安く調達できる。
1996平成8年床暖房型
断熱材(評価)いれないと熱(ヤル気)が床下(社外)に逃げる。
1997平成9年ボディシャンプー型
泡立ち(適応性)良く、香り(個性)楽しめるが、肌(会社体質)に合わないこともある。石鹸(従来社員)以外に肌を慣らすことも必要。
1998平成10年再生紙型
無理な漂白(社風押しつけ)はダイオキシン出るが、脱墨技術(育成法)の向上次第で新タイプの紙(新入社員)として大いに市場価値あり。
1999平成11年形態安定シャツ型
防縮性、耐磨耗性の生地(新人)多く、ソフト仕上げで、丸洗い(厳しい研修・指導)OK。但し型くずれ防止アイロン(注意・指導)必要。
2000平成12年栄養補助食品型
ビタミンやミネラル(語学力やパソコン活用能力)を豊富に含み、企業の体力増強に役立ちそうだが、直射日光(叱責)に弱く、賞味期限(試用期限)内に効果(ヤル気)薄れることあり。
2001平成13年キシリトールガム型
種類は豊富、価格も手ごろ。清潔イメージで虫歯(不祥事)予防に効果ありそうで、味は大差ない。
2002平成14年抱きつき枕型
厳しい経営環境でよどんだ職場の空気に対し、吸湿性・防湿性に優れ、通気性がある(気持ちが通い合う)。頭(会社の理屈)をこすり付けたり、足(雑事)を押し付けても、クッション性がある。気安く扱うとベッドから落ちたり(早期退職)、変形しやすい。クッション性あり、等身大に近いので気分いいが、上司・先輩が気ままに扱いすぎると、床に落ちたり(早期退職)、変形しやすいので、素材(新人の質)によっては、いろいろなメンテナンスが必要となる。
2003平成15年カメラ付き携帯型
その場で瞬時に情報を取り込み発信するセンスや処理能力を持ち、機能も豊富だが、経験や知識がなかなか蓄積されない。また、中高年者にとって使いこなしきれない側面もある。
2004平成16年ネットオークション型
ネット上で取引が始まり、良いものには人気が殺到しさっさと売れる一方で、PR不足による売れ残りも多数。一方で、ブランド名やアピールに釣られて高値で落札したものの、入手後にアテが外れることもある。
2005平成17年発光ダイオード型
電流を通す(=ちゃんと指導する)と、きれいに光る(=良い仕事をする)が、決して熱くはならない(=冷めている)。
2006平成18年ブログ型
「表面は従順だが、さまざまな思いを内に秘め、時にインターネット上の日記を通じ大胆に自己主張をする。繊細な感受性とブログ的なネットワークに優れるが、パソコンに語るだけに止まる傾向もある。」
2007平成19年デイトレーダー型
景気の回復で久々の大量採用だったが、氷河期前とは異なり、細かい損得勘定で銘柄(会社)の物色を継続し、安定株主になりにくい。売り手市場だっただけに、早期転職が予想される。ネットを駆使した横のつながりで情報交換が活発だが、情報に踊らされない慎重さも必要である。
2008平成20年カーリング型
冬期オリンピックでおなじみになったカーリング、新入社員は磨けば光るとばかりに、育成の方向を定め、そっと背中を押し、ブラシでこすりつつ、周りは働きやすい環境作りに腐心する。しかし、少しでもブラシでこするのをやめると、減速したり、止まってしまったりしかねない。
2009平成21年エコバック型
今年の新入社員は、環境問題(エコ)に関心が強く、節約志向(エコ)で無駄を嫌う傾向があり、折り目正しい。
2010平成22年ETC型
性急に関係を築こうとすると直前まで心の「バー」が開かないので、スピードの出し過ぎにご用心。IT活用には長けているが、人との直接的な対話がなくなるのが心配。理解していけば、スマートさなど良い点も段々見えてくるだろう。“ゆとり”ある心を持って、上手に接したいもの。
2011平成23年はやぶさ型
宇宙探査機「はやぶさ」が7年にもおよぶ長旅から帰還したことが多くの人に感動を与えた。 最初は音信不通になったり、制御不能になったりでハラハラさせられるが、長い目で見れば期待した成果をあげることができるだろう。 あきらめずに根気よくシグナルを送り続けることが肝心だ。※発表予定だったネーミング 東日本大震災により発表は自粛
2012平成24年奇跡の一本松型
大卒予定者の就職内定率が過去3 番目に低い(80.5%)という厳しい状況のなか、就職戦線を乗り越えてきた若者たちの頑張りを賞賛したい。
2013平成25年ロボット掃除機型
段差(プレッシャー)に弱く、たまに行方不明になったり、裏返しになってもがき続けたりすることもある。能力を発揮させるには環境整備(職場のフォローや丁寧な育成)が必要。
2014平成26年自動ブレーキ型
知識豊富で敏感で、何事も安全運転の傾向がある。人を傷つけない安心感はあるが、どこか馬力不足との声も。どんな環境でも自在に運転できるようになるには、高感度センサーを活用した開発(指導、育成)が必要。
2015平成27年消せるボールペン型
見かけからは分からない、書き直しができる機能(変化に対応できる柔軟性)を持っているため活用しなければもったいない。ただ不用意に熱を入れる(熱血指導する)と、色(個性)が消えてしまったり、使い勝手の良さから酷使しすぎると、インクが切れてしまう(離職してしまう)ことも。
2016平成28年ドローン型
めまぐるしい変化にあおられながら、目的地(希望の会社)に着地できた人が多かったこと、夜間飛行は禁止(=ワークライフバランス厳守)など操縦者(上司)のルール厳守が求められることなどが、命名理由として挙げられました。
2017平成29年キャラクター捕獲ゲーム型
売り手市場にある今、就職先(キャラクター)が多いことからも内定獲得(捕獲)は難しくないが、その中にあるレアキャラ(優良企業)を探すためには熾烈な情報戦(SNS活用など)を勝ち抜かなければならないと、スマートフォン主流の時代を上手く表現しています。

2019年は「AIスピーカー型」

この日本生産性本部の発表と入れ替わりで今度は「新社会人の採用・育成研究会」というところが2018年からこのタイプ分けを発表しています。

2019年度(平成31年度)新入社員のタイプ | 新入社員情報局
2019年度(平成31年度)新入社員のタイプ 「呼びかけ次第のAIスピーカータイプ」 2019.03.27 発表   人事労務分野の情報機関である産労総合研究所(代表・平盛之)は、このたび「2019年度(平成31年度)新入社員のタイプ」を発表しました。これは、企業の人事担当者、大学のキャリアセンター担当者などから成...

それによると2019年は「AIスピーカー型」、だそうです。

AIスピーカーってあれですよね、あれ。OKグーグル、とかアレクサ!とか。結局この路線は引き継ぐのか・・・。もう今年の流行語大賞と一緒にやってほしいかなぁ。

入社1年目の教科書
入社1年目の教科書
  • 著者 : 岩瀬 大輔
  • 価格 : ¥ 1,510
  • 単行本(ソフトカバー):240 ページ
  • 出版日 : 2011/05/20
  • 出版社 : ダイヤモンド社

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします