IIJ eSIMとAiraloとソフトバンク・ドコモの速度測定

シェアする

eSIM2種類とキャリア2種類でスピードテストをしてみました。

IIJ eSIMとAiraloとソフトバンク・ドコモの速度測定

eSIMストアのAiraloの国内版を購入して、IIJ eSIMベータ版とAiralo、通常のキャリアSIMのソフトバンク、ドコモの4つでスピードテストをしてみました。

というのも、IIJ eSIM(ベータ版)を使っているんですが、やっぱり遅い・・・。日経新聞のアプリで記事を見ると大抵写真が真っ白、というくらい遅い感じです。まぁベータ版とはいいながらも速度はeSIMもSIMもあまり関係ないと思うのでこのスピードだとちょっとなぁ・・・と思ったわけです。

であれば、別途国内eSIM対抗馬としてみていたAiraloの日本向けプランを入れてみてベンチマークしてみよう、と。

Airalo日本プランの購入

まずはAiraloの日本のプランを購入しないといけません。読み取りをQRコードでやるためにはAiraloのeSIMを使いたいiPhoneではなく、別のスマホやPCで申し込む必要があります。でないと画面読み込みできませんので。

で、別途持っているドコモのiPhone7から申し込み。日本の場合は「Japan Unicom」と書きながらチャイナユニコムのロゴが光る5日間無制限13ドルのプランと、Moshi Moshiと名付けられた7日間1GBで6ドル、30日間3GBで14ドルのプランの3つが選べます。お試しなので最安のMoshi Moshiの1GBを選択。

このプラン、キャリアどこかは分からないのですが、説明を見ると

  • LTE Data-only eSIM.
  • Rechargeable online with no expiry.
  • Operates on the Docomo, Softbank and KDDI networks in Japan.

とりあえず3キャリア全部対応、という謎のMVNOな感じです。お試しでつながらなかったけどTruphoneがそんな感じだったので根っこが同じなのかも・・・?

プロファイルの名前はStarhubと表示されているので、それで調べてみるとシンガポールのStarhubというキャリアのようですね。

そそくさとPaypalで支払いを済ませます。

QRコードの読み取りをしようとすると、ベトナムでは見なかったアラートが。

インストールは1回のみで、インストール成功後は削除しちゃだめよ、とありますね。まぁやらないですけど。

AiraloのQRコードはこんな風に真ん中にロゴが入っています。

読み取ると・・・キャリアが2つになりました。上がAiraloで、キャリアはDocomoになってますね。

AiraloのMy eSIMのページにもちゃんと「アクティブ」と表示されています。

Airaloの日本プラン、Moshi Moshiで必要なこと

先に書いておくと、Airaloの日本のMoshi Moshiプランだと2つの事をしないとデータ通信が行えません。

  1. APNをglobaldataに変える
  2. ローミングをオンにする

AiraloのeSIMは少し癖があって、eSIMインストール後にAPNをglobaldataに変えないと通信できないようになっています。最初からそうなってると助かるのですが、なんか事情があるんでしょう。そのAPN変更をするのにモバイルデータ通信の中身を見るとこういう設定になっていました。APNは変更済みです。

これを見ているとMMS周りの設定がシンガポールになってます。ということで、日本のプランながらシンガポールと連携して動かすようです。

プロファイルの名前も「StarHub」になっていますね。その辺りが関連するのか、ローミングをオンにしないと通信できないようです。ベトナムの時はこの設定は不要だったのですが・・・。ソフトバンクに戻したときが怖いですね・・・。

Airalo・IIJ eSIM・ソフトバンク・ドコモの速度比較

さて、本題のAiralo日本・IIJ eSIM、それとキャリアSIMのソフトバンクとドコモの速度比較をやってみます。Airalo・IIJ・ソフトバンクはiPhone 11 Pro、ドコモだけiPhone 7になっています。
テストはGoogle検索に「spped test」を入れると出てくるGoogleのスピードテストを利用しました。

午前中 9時前くらい

まずは午前中にテストをしました。場所は路上です。

こちらがAiraloの結果。ダウンロード5Mbps、アップロードが11.6Mbpsですね。

こちらがIIJ eSIM(ベータ版)の結果。ダウンロードが3.2Mbpsと遅いです。アップも5.2MbpsとAiraloの半分でした。ちょっとこれは遅すぎな感じですね。

こちらがソフトバンクの結果。やっぱりキャリアSIMだとすごくいいスコアが出ます。

こちらがドコモの結果。同じくキャリアSIMは速いですね。MVNOと同じタイミングでやってもこれくらい速度差が出るんですねぇ・・・。

お昼 12時

今度はお昼にチェックしました。ロードサイドの店舗の中からのテストです。

こちらがAiraloの結果。時間が変わったせいか、つなぎ先がシンガポールになったせいか、劇的にアップ。とはいえレイテンシは多め。昼からはキャプチャ取る時にキャリアをのこすようにしました。

こちらがIIJ eSIM(ベータ版)の結果。お昼ということもあって惨敗ですね。サーバーが東京にも関わらずレイテンシが3桁。そして0.15Mbps。遅いなぁ・・。

こちらがソフトバンクの結果。ソフトバンクは店舗の中が苦手なのかこういう結果に。お昼というのも関係するのかな・・・?

こちらがドコモの結果。朝からすると半減ですが、はやり速いです。

総論、やはりちょっとIIJ eSIMは酷い感じかなぁ・・・と思いました。またAiraloは使えなくはないものの、ローミングで使う、というところに若干障壁を感じるところです。
サブで使うのだと怖いですね。これをメインで行くなら・・・もうちょっと速度テストしないとなんとも言えない感じです。が、IIJよりは良さそう。