タクシー料金が事前に確定に。ちょっとUberに近づく

シェアする

タクシーもUberのように事前に料金がわかるようになるそうです。

タクシー料金が事前に確定に。ちょっとUberに近づく

東京オリンピックへのインバウンド対応でいろんなものがどんどん進むようになってきました。これまでのメーターのタクシー料金も事前に料金確定する方向に変える方向だそうです。

タクシー運賃、事前に確定 乗客の不安解消
国土交通省はタクシー運賃のルールを見直し、乗車前に運賃を確定するサービスを全国で解禁する。車を降りるまで運賃が分からないことに対する乗客の不安を解消し、利便性を高める狙い。タクシー利用者の裾野を広げ

タクシーを使いたい人がアプリに乗車予定地と目的地を入力すると、自動計算で運賃が画面に表示される。利用者はその運賃で予約し、決済して乗車する仕組みだ。

これまでのタクシーの乗ってから降りるまで料金がわからないメーター方式から、アプリで事前に区間指定して料金確定、決済も行う、というアプリ方式への移行を法改正に盛り込むそうです。

直接は書かれてないですが、暗に配車もほとんどのケースで行うことが必要になるので、結局配車サービスをアプリでやりなさい、という内容ですね。日本交通とかはほとんど終わってる内容・・・けど料金確定のロジックはお国にチェックしてもらう必要があるのかな・・・。

これって要はこの記事で触れましたけど、タクシー会社を配車サービス化しろってことですよね。

Uber、国内と海外でどう違う?
国内のUberと海外のUberの違いについて。

引用したこの記事・・・。

政府、白タク規制緩和へ ライドシェアとは一線 タクシー業界「ウーバー上陸」を警戒
政府が一般人でも自家用車でタクシーのような有償運送業務ができる制度の拡大に乗り出した。一般人によるタクシー業務は「白タク」として原則禁止だが、ドライバー不足が深…

「タクシー業界はUberを警戒」とありますが、今回の発表で結局「お前らがUber(国内版)をやれ」という話だったわけですね。

アプリで便利の裏で虐げられる人がいる?

さて、この文面から読む限りは「事前にタクシー料金が確定するなんて便利!」と思うのですが、逆に考えると「アプリを使えない人は料金が事前に確定しない(これまで通り)」とも読めるわけです。

アプリが使えない人というのは、スマホがない、カードがない、といった人たちなのですが、実際にこの層にに当てはまるのって・・・年配の方じゃないかなぁ・・と。

で、もしかすると・・・アプリで定額化するとタクシーは収益が圧迫されるかも知れなくて、さらにもしかすると、収益圧迫されたタクシー会社または運転手さんは、アプリを利用していない人の料金で回収しにいくかも・・・?とか思っちゃったりしました。怖い怖い。

総合研究 日本のタクシー産業:現状と変革に向けての分析
総合研究 日本のタクシー産業:現状と変革に向けての分析
  • 著者 :
  • 価格 : ¥ 4,320
  • 単行本:384 ページ
  • 出版日 : 2017/07/06
  • 出版社 : 慶應義塾大学出版会

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします