アジアの配車サービス(シェアライド)とSNS

シェアする

アジアの配車サービスとSNSについて

アジアの配車サービス(シェアライド)とSNS

マレーシアはwhatsappが使われている、という話から気になって、アジアの各国の配車サービスとメッセージングとして使われているSNSについて調べました。これがその一覧。

ちょっとわからなかった所もあるけど。

国/地域配車サービスSNS
香港Uberwhatsapp
中国DiDiWeChat
台湾Uberfacebook,wechat
日本Japan TaxiLINE
韓国カカオタクシーKakaoTalk
マレーシアGrabwhatsapp
マカオWeChat
シンガポールGrabwhatsapp
タイGrabLINE
インドネシアGrabBBM
ベトナムGrabZalo
ラオスwhatsapp
カンボジアGrabfacebook
ミャンマーGrabfacebook
ネパールfacebook
フィリピンGrabfacebook
インドUberwhatsapp
パキスタンUber (Careem)whatsapp
バングラデシュ
Uberfacebook
ブルネイDartwhatsapp
スリランカUberwhatsapp
モンゴルfacebook
アルメニアViber
カザフスタンYandexTaxiwhatsapp
キルギスタンUberwhatsapp
タジキスタンViber

これで見ると、とりあえずfacebookとwhatsappは必須ですね。配車サービスはUberとGrab。ロシア周辺・中央アジアだとYandex Taxiというのがあるそうです。ブルネイは独自のDart Bruneiというのが使われているそうな。

GrabとUberについて

調べていて1つ気になったのですが、結構「GrabがUberを買収」と書いているサイトが多かったこと。字面としては半分合ってるんですが事実は違います。

Uberが行ったのはGrabへの事業譲渡で、その代わりにGrab自体に資本参加しています。

この記事によると事業譲渡でUberはGrabの株式の27.5%を得た、とのこと。つまり株主になったわけですね。事実、一時期GrabアプリをGrab非営業地域で立ち上げると、この地域では使えないのでUberをどうぞ、というバナーが出てました。

とはいえ27.5%なので子会社、というわけではないです。日本だと持分法適用会社ですね。東南アジアではこのUberとGrabできれいに棲み分けがされています。

またロシア周辺についてはキルギスタンで記載のあるYandex TaxiとUberは協業にあるそうでJVを設立しているとか。

パキスタンで記載のあるCareemは中東のライドシェアサービスですが、こちらはUberは買収済み。どういうブランドで営業しているかはわかりませんでした。

アジアのメッセージングアプリ

これを見るとwhatsappは強いですね。マレーシア・シンガポールで使われているのがよくわかりました。ついで使われているのがfacebook (messenger)。これは僕もアジアだとよく使います。ミャンマーとかはこれで電話かかってきます。

ここを参考にしました。