自転車関連のマストアイテム・買ってよかったもの。

シェアする

前回エントリに続き自転車です。

自転車関連のマストアイテム・買ってよかったもの。

前回エントリはこちら。

ミニベロロードTern Surgeをネットで購入。
突如自転車に目覚めて?TernのSurgeというミニベロロードを購入。

そんなわけでTern Surgeを買ってから自転車にハマっているわけですが、自転車って車体を買えばそれでOK、というわけでもなく、絶対必用なものや持っていると便利なものも色々あります。それをいくつかあげてみます。

自転車関連マストアイテム

マスト、というのも偉そうですが、これは絶対に必要だ、と思えるものをリストアップしてみます。

ヘルメット

落車した事もありますがロードバイクでのフィットネスはそこそこスピードが出ています。僕は全然速くないですがそれでも巡航で25キロ前後は出ています。これって原チャリの制限速度に近いのでコケたときのダメージはかなり大きいです。

政治家の方で自転車で転倒して第一線を引いた方がいらっしゃいますが、ホント最悪の場合は命に関わる話なので頭は守りましょう。そういう意味でもヘルメットは必須かと。

このヘルメットは謎のゴーグルがついているのですが、メガネを掛けると全く使えませんでした。それよりも僕は頭が大きいのでサイズ的に余裕があるのが助かっています。このヘルメットだとキャップをかぶってその上からかぶることが可能です。

そして何気に早朝ライドの朝日の対策には暗い時間が不安になるサングラスよりも帽子のツバのほうが合ってたりします。

バックミラー(バーエンドミラー)

これをマストバイというのもちょっと気が引けますが、家からひと漕ぎ外にでるとそこは車道で車も走ってくるので、右側の後方確認はすごく大事です。夜だとここにライトが映るだけで後ろに車がいるのがわかります。

ロードバイクのようなドロップハンドル(持ち手がU字に曲がったハンドル)でも、クロスバイクなどのフラットバー(普通の棒状のハンドル)でもバーエンド、ハンドルの終端に口があいていればつけることができます。

僕は体が固いので後方確認で毎回後ろを見るのも大変なので助かっています。また自転車はどうしても顔を後ろに向けると車体が倒れがちなのでミラーでも確認できる方が安全だと思います。

バーエンドに付けられない場合はこういったタイプのものもあります。僕はこれは旅行時などのレンタルバイク利用のために持っています。

ベル

自転車にベルをつけなければならないのは法律で規定されています。けれどあまりロードバイクでついてるのを見たことないですが、公道で規定距離を時間内に走る「ブルベ」という競技などでは参加時にベル装着必須だったりします。

このベル、実はノグ(KNOG)というメーカーのパクリっぽい感じですが価格が半分なのでこちらに・・・w。ベルの幅が2センチないのでハンドルバーの手元側を効率よく使えるので便利。ただ・・・ほぼ使ったことはないです。

ライト

ライト、前照灯も法律で義務付けられている装備です。これはこれで色々試したのでその現時点の結論をまた別の機会にでも。

マスト、というのはこれくらいでしょうか。2つは安全のためのもの、2つは法令によるものなのでやはりマストでいいのかな。

自転車関連のオススメアイテム

さて、ここからは「あったほうがいいもの」「買ってよかったもの」です。

グローブ

人によってまちまちですが自分的には自転車でグローブは必須です。それも長指でタッチパネル対応のもの。長指なのは、落車したときに指が出る短いタイプをしていたのですが、指のグローブで保護されていないところの肉が結構剥がれて深い傷になったのと、まれにチェーンが外れたりしたときに長指だとそのままチェーンをつかめるからです。

スマホ対応なのはこの時代必須、というところでしょうか。ライドの管理や心拍数計測をApple Watchでやっているので走っている途中でも軽く触ることもあります。そのときにタッチパネル対応じゃないと・・・辛いですね。

それらの条件を満たしていればあまりブランドとか気にならないのでこのシリーズを買い続けています。親指の甲の部分がタオル生地みたいになっているので、寒いと出てくる涙や鼻水wがふけて便利です。

フロアポンプ(空気入れ)

ロードバイクの空気入れ、フロアポンプを選ぶときに気をつけることが3つあります。

1つは空気を入れる口の部分、バルブがママチャリなどの形式(英式)と違って仏式というものが多い事。英式のポンプは使えません。

2つめはどれくらい空気が入っているか、空気圧の管理ができるようにゲージがついている事。自動車と同じように自転車のタイヤには空気圧の指定があり、また時間が経つと少しづつ抜けていきます。それを管理するためにはゲージが必要。

3つめですが、特にロードバイクのタイヤは空気圧の指定が高めな事が多く、既定値まで空気を入れるためにはそこそこのポンプが必要です。

それらを全部満たした(と思われる)のがこちら。

この前に使っていたポンプは古かったこともありTern Surgeの指定空気圧まで届かなくなりました。千円台の無銘ポンプだったと思います。なのでポンプ選びは重要です。

ペダル

ロードバイクやクロスバイクに最初からついているペダルは結構コストを下げたものが多いので、ペダルを変えると踏みごたえが変わります。と言っても僕が使ってたのはこういう中華製のものでしたが・・・。

ペダルは取り外しや取り付けにペダルレンチというちょっと特殊なレンチを使うのですが、交換するとかなり感じが変わると思います。このペダルはスパイク?がたくさんついていて、面積が広めなので安心して踏める感じでした。

・・・とまぁいくつかあげましたがこのあたりはオススメです。